TOPICS

Best of Tailor -Classic's 3pice SETUP-

✔︎Classic's 3pice SETUP / JET BLACK

✔︎Classic's 3pice SETUP / SILVER GRAY

クラシックスタイル回帰の影響で、このところ注目を集めているのが英国調の格式高いスリーピースセットアップ。

Directorたっての強い希望により仕立て上げることになった今回のClassic's 3pice SETUPはLEANN初の3piceとして英国調ディティールで格式高いダブルスタンダードのクラシックスタイルをベースとしています。

そんな今季注目No,1のClassic's 3pice SETUPを今回は余すところなくご紹介させていただきます。

P.1「3pice tailorの起源」

スリーピースのルーツは1666年、イギリス国王チャールズ2世の衣服改革宣言で誕生したジャケット・ジレ・パンツで構成される「スリーピースセットアップ」からきています。

実はこのチャールズ2世が指揮をした衣服改革宣言が別名アンチ・ファッション宣言であったことは意外と周知されていません。


トレンドがどう変わろうと、未来永劫にわたりアンチ・ファッションのスリーピースを貫く。
英国のテーラリングウエアの魅力の源泉が、多少の流行からは超然としていられるという点にあることは、言うまでもありません。

以来350年、イギリスでは「スリーピース」が現在まで、テーラリングの基本となりました。

Directorが着目したのはそんなブレない信念と、長い歴史の中で時代が変わろうと普遍的に愛される格式高い英国のお洋服にあります。

P.2「2piceとは一線を博す3piceのLOOK」

アイテム数の多いスリーピースは、実はツーピース以上に、セクシーで格式高いお洋服と位置付けられます。

ジレを着用することで、胸元の引き締まったディティールはより奥行きとエレガントな見え感をプラスします。

そしてジャケットを脱いだときの、リラックスしながらもくつろぎきっていないジレ姿は、ひそかなときめきを与えてくれます。

DirectorのClassic’s 3pice SETUPに込めた想いとは
端正に超然と着こなすことで、皆さまのここぞという場面で活躍されることだと言います。

P.3「クリアカットのドレープな生地」

Classic's 3pice SETUPで採用したツイル生地は美光沢が特徴のクリアカット製法を施します。

クリアカット仕上げとはスーツの工程で使う一種の手法で、生地の毛羽(布などの表面が擦れたりして立ち上がってくる細かい毛)を切るなり焼くなりして表面を整え、綺麗にすることでクリアで光沢のある表面を作り出す整理製法のことです。

クリアカット製法を施すことで、生地そのものにツヤとハリを与え、上品なドレープ感が生まれます。

P.4「凝り固めたディテール」

【short jacket】

jacketはあえてのノーベントのショート丈にすることで、よりクラシカルで圧倒的なスタイルアップを実現。
ダブルスタンダードで胸元まで引き締まったフロントボタン仕様(鼈甲柄)、胸ポケットはフォーマルテイストなスクエアポケットを採用し、英国調モード&クラシックの代名詞のようなディティールに仕上げました。

【asymmetry gilet】

asymmetry giletは特異なディティールで他にはない装飾パーツに仕上げています。
単品ではもちろん、SETUPで着用することでshort jacketの着丈から見えるgiletのTip(先端)が貴徳な違和感を演出します。
giletの一点使いでも万能性は高く、チュールのインナーやタートルと合わせることでキレイめだけどしたたかでモードな雰囲気を醸し出します。

【two pleats slacks】

定番なクラシックツープリーツスラックス。
美しいテーパードシルエット、ラクチンなウエストゴム、
そしてクラシックを強調するかのような強烈な深めのダブルタック仕様で一本あれば万能で使い回しも最適です。

P.5「特別な日にこそClassic's 3pice SETUPを_」

英国調のClassic's 3pice SETUPはモードとクラシックの掛け合わせから成り立ちます。

ハメを外さず品格をキープするためには引き締まったハンサムルックをクラシカルに引き寄せることが大切。
いつもの日常から逸脱した"端正な装い"は、着用することで非日常の感覚を得ることができます。

誰も真似できない、圧倒的なMODE&CLASSICなLOOKは、
着用する"その人自身"が最後のピースとなり、完成されるのです。